現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

借り換えの手続きや費用を確認しよう

3回目は「借り換えの手続きや費用を確認しよう」です。

住宅ローンの借り換えは、現在の住宅ローンを完済した上で新規の融資を受けるので、一旦、自宅の抵当権を抹消し、再度抵当権を設定する必要があります。そのため抵当権の設定費用がかかります。

借り換えを検討される方は、金利差のメリットだけでなく、手続きの際の諸費用をしっかり確認しましょう。上記抵当権関連の費用だけでなく、住宅ローンによっては高額な手数料や保証料がかかる場合があり要注意です。ややもすれば諸費用がかなりかかり、金利差のメリットを吹き飛ばしてしまう場合もありますので気をつけましょう。

なお住宅ローン借り換えにあたり主な手続きの流れは以下のようになります。参考になさってください。

1.窓口にて相談
2.住宅ローンの申込
3.金融機関および保証会社の審査
4.金融機関の窓口でローン契約
5.抵当権の設定
6.融資実行


>>>新生銀行の借り換えシミュレーションはこちらから
>>>住信SBIネット銀行の借り換えシミュレーションはこちらから


<住宅ローン借り換えの基本>


 ■基本1「借り換えとは?」
 ■基本2「借り換えの融資条件とは?」
 ■基本3「借り換えの手続きや費用を確認しよう」
 ■基本4「借り換え時には家計を再点検しよう」
 ■基本5「家計再点検時のポイント」
 ■基本6「有利な借入条件を引き出す方法」
 ■基本7「優遇金利を利用する場合の注意点」
 ■基本8「わずかな金利差でも返済額に大きな差が」
 ■基本9「借り換えは審査が厳しくなる?」
 ■基本10「借り換え時の諸費用は?」
 ■基本11「借り換え額を減らそう」
 ■基本12「親から援助を受ける時の注意点」
 ■基本13「安心感と低金利の両方を狙う金利タイプの選び方」

>>>トップページはこちら

最新ニュース一覧

・2018/12/04
[コラム]銀行の借り換え競争はいつまで続く?
・2018/11/30
速報!2018年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2018/11/27
原油価格急落!で住宅ローンの借り換え金利が下がる理由
・2018/11/20
[コラム]借り換えで変動金利を選んで金利上昇リスクに対応できる?
・2018/11/13
住宅ローン、借りてから何年くらいで借り換えている?調査結果
・2018/11/07
[コラム]とは言いつつ住宅ローンの借り換え金利がこれ以上下がらない理由
・2018/10/31
速報!2018年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2018/10/30
住宅ローンの借り換え、今がラストチャンスって本当?
・2018/10/23
[コラム]借り換えの時、金利上昇リスクを過度に恐れなくて良い4つの理由
・2018/10/16
消費税増税が住宅ローンの借り換えに「関係ある」理由
・2018/10/09
[コラム]借り換えの時、金利タイプは何を選べばよい?
・2018/10/02
住宅ローンの借り換えで選ばれている金融機関は?調査結果
・2018/09/28
速報!2018年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2018/09/25
[コラム]借り換えの手続きは今でも面倒だと思っていませんか?
・2018/09/18
住宅ローンの借り換え前と借り換え後、金利タイプはどう変わる?調査結果
・2018/09/11
[コラム]もうすでに十分金利が低いから借り換えしなくていいと思っていませんか?

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えコラム
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2018年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース