現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換えコラム:2019/1/16
「住宅ローン返済中は貯金できない?老後に備えるためにも借り換えを!」

現役世代にとって不安は数多くあります。仕事のこと、お金のこと、健康のこと、家族のこと、子供たちのこと・・・。

そうしたお悩みの中でもみんなが共通して持っている悩みと言えばやはり「老後のこと」ではないでしょうか。

年金も当てにならないし、本当に退職金がもらえるかどうかも分かりません。いくら人手不足とは言え、IT化やAI化が進む中で60歳や65歳以降も働けるかどうかも不透明です。

そのような漠然とした不安を少しでも軽減するために、みなさんせっせと貯金されているのだと思いますが、悩ましいのが住宅ローン保有世帯にとってはそうした経済的余裕があまりないという点です。

加えて子育て期とも重なり、30代・40代は「家計が赤字」というご家庭も多いものと思います。

とすると老後の準備は「住宅ローンが終わってから」「子育てが終わってから」ということになりがちですが本当にそうでしょうか?

そういう余裕のない住宅ローン保有世帯こそ考えるべきなのが住宅ローンの借り換えですね。

仮に2,000万円×20年×2%の住宅ローンを利用している場合、金利を1%に削減できれば、諸費用を考慮してもトータルで160万円程度のメリットがあります。

また毎月の返済額はそのままにして、返済期間を20年から18年に短縮すると、メリットは180万円に膨らみます。

さらに毎月の返済額を約10万円から約11万円に増やすと、返済期間は16年に短縮され、メリットは200万円を超えてきます。

こうなってくると、経済的なメリットよりは返済期間が短くなる方がありがたいかもしれませんが・・・。

いずれにしても上記の通り借り換えは「返済期間短縮」という点でも、「経済的なメリットが得られる」という点でも、立派な「老後対策」となるわけですね!

ぜひそうした観点からも、歴史的な低金利を活かし、積極的に借り換えを進めていただければと思います。

参考になれば幸いです。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利はこちら

>>>住宅ローン借り換えコラム一覧はこちら

最新ニュース一覧

・2019/02/12
[コラム]借り換えで変動金利を選んで本当に金利は上昇するの?
・2019/02/05
住宅ローン借り換え後の金利タイプ、年収によって違いがある?調査結果
・2019/01/31
速報!2019年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2019/01/29
[コラム]借り換え時にいくら内入れをする?いくら貯金を残す?
・2019/01/22
住宅ローン借り換え後の金利タイプ、年齢によって違いがある?調査結果
・2019/01/16
[コラム]住宅ローン返済中は貯金できない?老後に備えるためにも借り換えを!
・2019/01/08
長期金利は一時−0.04%!今後の金利見通しと借り換え金利への影響
・2018/12/28
速報!2019年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2018/12/25
2019年の住宅ローン借り換え金利見通しは?
・2018/12/19
[コラム]コスト削減だけではない?借り換えをすべきかもしれないもう1つの理由
・2018/12/11
再びマイナス金利も!?長期金利急低下の理由と借り換え金利への影響
・2018/12/04
[コラム]銀行の借り換え競争はいつまで続く?
・2018/11/30
速報!2018年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2018/11/27
原油価格急落!で住宅ローンの借り換え金利が下がる理由
・2018/11/20
[コラム]借り換えで変動金利を選んで金利上昇リスクに対応できる?
・2018/11/13
住宅ローン、借りてから何年くらいで借り換えている?調査結果

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えコラム
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2018年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース