現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換えコラム:2018/10/23
「借り換えの時、金利上昇リスクを過度に恐れなくて良い4つの理由」

前回の借り換えコラムでご案内したように、住宅ローンの借り換えに際して「変動金利」や「固定期間選択型」など、「より期間が短くて、より金利の低い金利タイプ」が選ばれている傾向が鮮明となっています。

>>>[コラム]借り換えの時、金利タイプは何を選べばよい?

しかしながらこうした「金利は低いけれど一定の金利上昇リスクがある金利タイプ」を選ぶことに躊躇する人は少なくないかもしれません。

実際、専門家の多くは「金利が低い今だからこそ金利を固定してしまおう」とアドバイスを行っています。

ではこの「金利上昇リスク」についてどう考えればいいのでしょうか?ポイントは大きく4つあります。まず1つ目はこれまでの金利の推移ですね。主要な政策金利である公定歩合はこうなっています。



つまり1990年代以降、ずっと0%前後で推移しているわけですね。かれこれ30年近く低金利が続いていることになります。なぜかと言えばバブルが崩壊したからですね。

バブル崩壊が単なる景気循環であれば、今後、景気の拡大と共に金利が上昇する可能性があるわけですが、実際には少子高齢化を背景とする「構造変化」が原因です。2000年代にも「戦後最長の好景気」がありましたし、現在も「アベノミクス景気」がやはり戦後最長レベルになっていますが、金利はピクリとも上昇していません。

企業が以前ほど借入を必要としていないために、資金需要がどんどん減っているわけですね。金利も需要と供給のバランスで決まりますから、需要が減れば金利が下がるのは当然です。

少子高齢化は恐らくこれから十年単位で続いていくでしょうから、その点では今の低金利もこれから十年単位で続いていったとしても全く驚きません。繰り返しになりますがすでに30年近く経過しているわけですからね。

2つ目は現在の金融政策です。日銀はイールドカーブコントロールという政策によって短期金利だけでなく長期金利の水準も直接コントロールしています。つまりは今後金利を引き上げるのも、引き下げるのも日銀次第ということですね。

加えて日銀は新たに始めたフォワードガイダンスによって今後の金利の見通しを開示しています。とするとこれから金利を引き上げる場合は、事前にかなりはっきりと「予告」される可能性が高いと言えます。つまりは、そもそも小さい金利上昇リスクですが、今はさらに小さくなっているということです。

3つ目は、これは前回のコラムでもご案内したように、借り換えの場合、借入金額も借入期間も当初より相応に減っているために、金利上昇リスクもまた軽減されているはずということですね。実際にシミュレーションしてみるとそのインパクトはそれほどでもないことが分かるかもしれません。

そして最後に4つ目ですが、仮に金利が3%や4%や5%まで上昇する時というのはバブル期なみに景気が過熱しているか、少なくともインフレ率がそれ以上に上昇している時ですね。とするとモノである土地や建物も同じように上昇しているはずですから、仮に金利上昇についていけず返済に窮したとしても、自宅を住宅ローンを補ってあまりある金額で売却することも可能となりそうです。

こうした点を考えれば、特に借り換え顧客の場合は「金利上昇リスク」を過度に心配する必要はないのではないでしょうか?

参考になれば幸いです。

>>>最新の住宅ローン借り換え金利はこちら

>>>住宅ローン借り換えコラム一覧はこちら

最新ニュース一覧

・2019/11/12
借り換えで毎月の返済額はどれだけ減る?2019年調査
・2019/10/31
速報!2019年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2019/10/29
住宅ローン、借り換え後の返済期間は何年?2019年調査
・2019/10/15
融資額別の借り換え金利タイプ、何が選ばれている?2019年調査
・2019/10/09
[コラム]借り換え審査に落ちた!隠れ借金が原因かも
・2019/10/02
住宅ローン、新規借り入れから何年後に借り換えている?2019年調査
・2019/09/30
速報!2019年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2019/09/24
[コラム]自営業者・個人事業主の借り換えの注意点
・2019/09/17
借り換えで金利はどれだけ下がる?選ばれている金利タイプは?2019年調査
・2019/09/10
[コラム]転職後半年でも、年収100万円でも借り換えできる銀行は?
・2019/09/03
今月、長期金利は大きく下がったのに借り換え金利はさほど下がらなかった理由
・2019/08/30
速報!2019年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2019/08/25
[コラム]借り換え前に収入が減ってしまったら?
・2019/08/20
衝撃の低金利!ジャパンネット銀行の住宅ローン金利は魅力的?
・2019/08/14
[コラム]今借りている銀行にはいつ借り換えの話をするべき?
・2018/12/25
2019年の住宅ローン借り換え金利見通しは?

コラム一覧

・2019/09/24
[コラム]自営業者・個人事業主の借り換えの注意点
・2019/10/09
[コラム]借り換え審査に落ちた!隠れ借金が原因かも
・2019/09/10
[コラム]転職後半年でも、年収100万円でも借り換えできる銀行は?
・2019/08/25
[コラム]借り換え前に収入が減ってしまったら?
・2019/08/14
[コラム]今借りている銀行にはいつ借り換えの話をするべき?
・2019/07/31
[コラム]借り換えの申込は複数の銀行に!
・2019/07/17
[コラム]借り換えは返済期間を見直すチャンス!長くすることも可能
・2019/07/03
[コラム]金利動向を加味した借り換え金利タイプの選び方
・2019/06/19
[コラム]変動金利の店頭表示金利は一切下がっていないという「罠」に注意!
・2019/06/05
[コラム]借り換え後の金利上昇リスク、何%と想定すればよい?
・2019/05/21
[コラム]借り換え住宅ローン選びで大切なのは本当に金利?
・2019/05/07
[コラム]借り換えで浮いたお金を無駄にしないために
・2019/04/23
[コラム]借り換え手続きは本当に面倒?
・2019/04/09
[コラム]借り換えに必要な書類を集める時間がないという場合は?
・2019/03/27
[コラム]借り換えの第一歩は契約書と返済予定表を見つけることから
・2019/03/13
[コラム]固定期間選択型は当初固定期間終了後の金利もチェック!
・2019/02/26
[コラム]条件変更と借り換え、どっちがお得?
・2019/02/12
[コラム]借り換えで変動金利を選んで本当に金利は上昇するの?
・2019/01/29
[コラム]借り換え時にいくら内入れをする?いくら貯金を残す?
・2019/01/16
[コラム]住宅ローン返済中は貯金できない?老後に備えるためにも借り換えを!
・2018/12/19
[コラム]コスト削減だけではない?借り換えをすべきかもしれないもう1つの理由
・2018/12/04
[コラム]銀行の借り換え競争はいつまで続く?
・2018/11/20
[コラム]借り換えで変動金利を選んで金利上昇リスクに対応できる?
・2018/11/07
[コラム]とは言いつつ住宅ローンの借り換え金利がこれ以上下がらない理由
・2018/10/23
[コラム]借り換えの時、金利上昇リスクを過度に恐れなくて良い4つの理由
・2018/10/09
[コラム]借り換えの時、金利タイプは何を選べばよい?
・2018/09/25
[コラム]借り換えの手続きは今でも面倒だと思っていませんか?
・2018/09/11
[コラム]もうすでに十分金利が低いから借り換えしなくていいと思っていませんか?

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えコラム
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2018年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース