現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換え関連ニュース:2017/10/17
「2020年に金利が3%以上も上昇するって本当?住宅ローン借換金利は?」

さてネットを検索していると、「2020年に長期金利3.4%の試算」という記事を見かけました。2020年と言うとあと2年とちょっとですが、もし本当に長期金利が3.4%まで上昇するのであれば衝撃ですね!

現状の長期金利は約0.1%ですから、実に約3.3%も上昇することになります。もしそうなれば住宅ローンの借り換え金利も相応に影響を受けることになります。

ただ常識的に考えればそんな短期間で金利が上昇してしまうことはないでしょう。分かりやすくこれまでの長期金利の推移と重ね合わせるとこうなります(2000年から)。



どう考えてもあり得ないですね・・・。特に今は日銀のイールドカーブコントロールによって長期金利は「上限0.1%」となるよう上値を抑えられている状態ですので尚更です。

ではなぜそのように、「2020年に長期金利3.4%」という話が出てきたかと言えば・・記事によれば「内閣府が昨年7月に出した中長期の経済財政に関する試算」に掲載されていたそうです。と言うわけで早速チェックすると長期金利についてこのような予測となっておりました。

・2017年:0.8%
・2018年:1.7%
・2019年:2.7%
・2020年:3.4%
・2021年:3.8%
・2022年:4.1%
・2023年:4.2%
・2024年:4.4%

何かの冗談ではないかと思うくらい常識外れの数字が並んでいるわけですが、もちろん内閣府が冗談でこうした数字を出すはずもなく、その理由は2つではないかと思います。まず1つ目は、日銀が示すように「あと2年くらいでインフレ率は2%に達する」という言葉を「信じれば」、こうした数字になってしまうということですね。

もちろん内閣府としてもそのようにインフレ率が上昇してほしいと思っているのだと思いますが、たださすがにこれまでの経緯や足元の金利環境を見渡せば、現実離れした予測であることは分かりきっているわけで、2つ目の理由となりますが、実はこの予測は「経済再生ケース」ということで「日本経済がものすごく順調に回復した時」という注釈付きなのですね。

ではそうでない、もっと現実的な予想はと言うと「ベースラインケース」としてこうなっています。

・2017年:0.8%
・2018年:1.1%
・2019年:1.2%
・2020年:1.5%
・2021年:1.6%
・2022年:1.7%
・2023年:1.8%
・2024年:1.9%

2000年以降の長期金利の最高値が約2%であることを考えれば、こちらはまだ可能性はありますね。それでもかなり強気ではありますが・・・。

さらに住宅ローン顧客として安心して良い理由が2つあります。1つ目は上記の通り、今やイールドカーブコントロールによって長期金利は上限0.1%で抑えられていますので、インフレ率が2%を安定的に超えない限り、金利は上昇することはない、ということですね。ではこの昨年7月の試算における「ベースラインケース」でのインフレ率の予測はと言うとこうなっています。

・2017年:1.4%
・2018年:1.2%
・2019年:1.7%
・2020年:1.7%
・2021年:1.2%
・2022年:1.2%
・2023年:1.2%
・2024年:1.2%

つまりずっと2%を超えないわけで、であれば長期金利はずっと「0.1%以下」ということになりますね。

安心して良い2つ目の理由は、この穏当な「ベースラインケース」ですら実は下方修正されているということです。なぜ元記事で「昨年7月」の数字を持ち出してきたのかは分かりませんが、この試算は半年に1回発表されていますので、すでにその後2回更新されているわけですね。というわけで2017年7月に発表された試算を見ると、「ベースラインケース」での長期金利の見通しはこのように変化しています。

・2017年:0.8% → 0.1%
・2018年:1.1% → 0.1%
・2019年:1.2% → 0.5%
・2020年:1.5% → 0.9%
・2021年:1.6% → 1.3%
・2022年:1.7% → 1.5%
・2023年:1.8% → 1.6%
・2024年:1.9% → 1.7%

2020年の金利見通しは3.4%どころか0.9%ということですね!

ちなみにインフレ率はと言うとこうです。

・2017年:1.4% → 1.1%
・2018年:1.2% → 1.3%
・2019年:1.7% → 1.8%
・2020年:1.7% → 1.8%
・2021年:1.2% → 1.1%
・2022年:1.2% → 1.1%
・2023年:1.2% → 1.1%
・2024年:1.2% → 1.1%

んん?当然と言えば当然かもしれませんが、インフレ率は全体的には昨年の予想よりさらに下がっていることが分かります。つまり、やっぱり2%を超えてこないわけで、とすると常識的に考えればイールドカーブコントロールによって長期金利は「0.1%以下」で推移するはずですね。

つまり内閣府のこの見通しは「インフレ率は2%に到達しないけれど、イールドカーブコントロールは徐々に縮小されていくよ」と言っているわけで、日銀の見解とは全く異なります。

どちらが正しいかと言えばもちろん日銀の方ですね。なぜならこの金利操作は、政府から独立した中央銀行である日銀自身が行っているからです。とすると上記インフレ率の予測が正しいのだとすれば長期金利の見通しはこうなるはずです。

・2017年:0.1%以下
・2018年:0.1%以下
・2019年:0.1%以下
・2020年:0.1%以下
・2021年:0.1%以下
・2022年:0.1%以下
・2023年:0.1%以下
・2024年:0.1%以下

簡単でいいですね・・・。

そうしたわけで、現時点では2020年以降も住宅ローンの借り換え金利が上昇する可能性はない、というのが結論ですね。

こうした見通しが変わるとすれば

1.インフレ率が上昇し、2%を超えた時。

2.日銀の金融政策が根本から変わった時。

ですが、どちらもいきなり状況が一変するということはありませんので、過度な心配は不要かと思います。

何かこうした今後の住宅ローン借り換え金利見通しが変わる事態となれば、当方も積極的にご案内していこうと思いますので、定期的にこちらのニュースをチェックしていただければ幸いです。

参考にしてみてください。

>>>住宅ローン借り換え比較クチコミランキング・トップページはこちら

ニュース一覧

・2017/11/30
2017年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/11/28
冬のボーナス、住宅ローン借り換えと繰り上げ返済、どちらがお得?
・2017/11/14
みずほ、三菱UFJ信託の住宅ローン撤退報道 借り換えへの影響は?
・2017/10/31
2017年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/10/30
住宅ローンの借り換え、滑り止めの銀行から先に審査OKとなったらどうする?
・2017/10/17
2020年に金利が3%以上も上昇するって本当?住宅ローン借換金利は?
・2017/10/03
期間20年・30年の借り換え 民間住宅ローンとフラット35、どっちが得?
・2017/09/29
2017年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/09/19
借り換え後の住宅ローン金利タイプ、この5年でどう変化した?
・2017/09/05
長期金利は久しぶりのマイナス水準!住宅ローンの「借り換え時」はいつ?
・2017/08/31
2017年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/08/22
住宅ローン借換後の金利タイプ、借入残高による違いはある?
・2017/08/08
住宅ローンの借り換えで毎月の返済額はどれだけ減る?その使い道は?
・2017/07/31
2017年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/07/25
住宅ローンの借り換えで、借入金利はどれくらい下がる?
・2017/07/11
住宅ローン借り換え後の金利タイプ、年収や年齢によって違いがある?
・2017/06/30
2017年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/06/27
住宅ローンの借り換えと繰り上げ返済、どっちが得?
・2017/06/13
住宅ローンを借りてから、どれくらいの期間で借り換えられているの?
・2017/05/31
2017年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/05/30
住宅ローンの借り換え、どんな金融機関が選ばれている?
・2017/05/16
固定金利、変動金利利用者は借換後、どんな金利タイプを選んでいる?
・2017/05/02
波乱!?今月、10年固定金利が上昇した理由とは?
・2017/04/28
2017年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/04/18
長期金利は一時0.005%に低下!再びマイナス金利になる?ならない?
・2017/04/04
リフォームするなら、住宅ローンの借り換えも同時に!
・2017/03/31
2017年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/03/21
日銀が5年以内に短期金利を引き上げる確率は3割?金利見通しは
・2017/03/07
来週の米国での利上げの可能性は80%!日本の住宅ローン金利への影響は?
・2017/02/28
2017年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/02/21
借り換え住宅ローンに積極的な銀行が減った?その理由と対策は
・2017/02/07
昨年度は借り換えが減った!?調査から見えた借り換え人気銀行
・2017/01/30
2017年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/01/24
住宅ローン借り換えは前年同月比4割増に『しぼむ』?
・2017/01/10
住宅ローンの借り換えはすぐやるべき?金利低下を待つべき?
・2016/12/29
2017年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/12/27
今年最後の黒田総裁の会見から見えた、当面の借り換え金利動向
・2016/12/13
住宅ローンの借り換えはいつがお得?
・2016/11/29
2016年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/11/29
2017年の住宅ローン借り換え金利見通しは?
・2016/11/15
トランプショックで世界中の金利が上昇中!日本の金利はどうなる?
・2016/11/01
とりあえず住宅ローン金利の上昇は2019年3月までなし!
・2016/10/27
2016年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/10/18
住宅ローン借換の利回りが47%!というのは無いとしても実際はいくら?
・2016/10/04
借換期間短縮の秘密兵器!?人工知能で住宅ローン審査はどう変わる?
・2016/09/28
2016年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/09/20
今日からの日銀会合で住宅ローン金利はどうなる?
・2016/09/06
金利上昇時でもすぐには住宅ローン金利は上昇しないってホント!?
・2016/08/29
2016年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/08/23
住宅ローン借り換え審査は今でも1ヶ月以上!?その対策は?
・2016/08/09
今、長期金利が上昇している理由は?住宅ローン金利への影響は?
・2016/07/28
2016年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/07/26
住宅ローンをいつ、何%で借りた人が借り換えで得をする?簡単把握!
・2016/07/12
住宅ローンの借り換え、誰に相談する?
・2016/06/28
2016年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/06/28
イギリスEU離脱による金利低下は行き過ぎ!?鍵は次回の日銀会合
・2016/06/14
14人に1人が住宅ローン借り換えで損をしている!?その理由と対策
・2016/05/31
0.16%の差でも借り換え?フラット35からフラット35への借換実態
・2016/05/29
2016年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/05/17
マイナス金利政策実施から3ヶ月 今後の借り換え金利はどうなる?
・2016/05/03
マイナス金利の印象は?何割の人が住宅ローン借り換えを検討?
・2016/04/26
2016年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/04/18
被災者向け住宅ローンで借り換えはできる?
・2016/04/04
住宅ローン借り換え「相談料」20万円は高い?安い?
・2016/03/30
2016年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/03/21
固定金利も変動金利も住宅ローンを借り換えないといけない理由
・2016/03/07
変動金利住宅ローンからの借り換えはどうすればよい?
・2016/02/28
2016年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/02/22
借り換え件数は6倍!?マイナス金利時代の住宅ローン借り換え心得
・2016/02/08
マイナス金利導入で借り換え金利はどこまで下がる?
・2016/01/27
2016年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/01/25
市場金利は過去最低水準 今後の住宅ローン借換金利の動向は?
・2016/01/11
住信SBIネット銀行、住宅ローン借り換えキャンペーン実施
・2015/12/29
2016年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/12/28
住宅ローン借り換えで選ばれている金利タイプは?
・2015/12/14
FP=お金の専門家が勧める住宅ローンの借り換え方とは?
・2015/11/30
住宅ローン借り換え金利、上昇するのは2021年?
・2015/11/27
2015年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/11/16
住宅ローンフラット35への借り換えの注意点
・2015/11/02
住宅ローン借り換え金利戦線異状なし・・・
・2015/10/28
2015年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/10/19
借り換え時こそ見直したい、住宅ローン総返済負担率
・2015/10/05
住宅ローン借り換え金利戦線異状あり!?
・2015/09/28
2015年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/09/21
住宅ローン借り換え時に見直すべきものは?
・2015/09/07
がん破産対策としての住宅ローン借り換え
・2015/08/29
2015年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/08/24
変動金利?固定金利?借り換え住宅ローン金利タイプの選び方
・2015/08/10
住宅ローン借り換えの目的 良いもの、悪いもの
・2015/07/29
2015年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/07/27
フラット35が4割増加 借り換えに住宅ローン長期固定金利はお得?
・2015/07/13
5年以内に借りた人・借り替えた人でも住宅ローンの借り換えはトク?
・2015/06/29
住宅ローン借り換えのベストなタイミングとは?
・2015/06/27
2015年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/06/15
住宅ローン借り換えの「本当の」3大ケースとは?
・2015/06/01
離婚と住宅ローンの借り換え
・2015/05/28
2015年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/05/18
転職後すぐに住宅ローンの借り換えはできる?
・2015/05/04
住宅ローンの借り換えで677万円も借り換えメリットが出る?
・2015/04/28
2015年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/04/20
住宅ローンの借り換え ネット銀行がトク?リアル銀行がトク?
・2015/04/06
住宅ローン金利タイプ別の借り換え率はいくら?
・2015/03/27
2015年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/03/23
住宅ローン借換額、大幅減!は追い風?向かい風?
・2015/03/09
今後は住宅ローンの借り換え審査が厳しくなる?
・2015/02/25
2015年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/02/23
メガバンクの住宅ローンはジリ貧状態!?
・2015/02/09
住宅ローン借り換えで変動金利タイプを選んでよい人は?
・2015/01/29
2015年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/01/26
金融庁が住宅ローンビジネスの赤字を懸念!?
・2015/01/12
ついに10年固定0.9%!りそな銀行の住宅ローン借り換え専用金利
・2014/12/26
2015年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/12/15
住宅ローン借り換えに親族ローンはあり?なし?
・2014/12/01
住宅ローン借り換え相談サービスの費用はいくら?
・2014/11/27
2014年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/11/17
アベノミクスが成功しても失敗しても金利上昇?
・2014/11/03
フラット20住宅ローンへの借り換えは魅力的?
・2014/10/29
2014年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/10/20
住宅ローン借り換えコンサルティングサービスは魅力的?
・2014/10/06
住宅ローン借り換え時、住宅ローン減税はどうなる?
・2014/09/29
2014年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/09/22
住宅ローン借り換え以外の返済額削減法
・2014/09/08
住宅ローンの借り換え前にすべきこととは?
・2014/08/27
2014年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/08/25
住宅ローンの借り換え・借り入れ相談の値段とは?
・2014/08/11
住宅ローン借り換えの手数料はいくらかかる?実質タダの場合も!
・2014/07/29
2014年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/07/28
住宅ローン借り換え手続きと所要日数、必要書類。本当に面倒?
・2014/07/14
長期金利は過去最低水準の0.53% 住宅ローンへの影響は?
・2014/06/30
2014年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/06/16
ゆうちょ銀行の住宅ローン参入は当面先

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2017年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース