現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換え関連ニュース:2016/8/23
「住宅ローン借り換え審査は今でも1ヶ月以上!?その対策は?」


マイナス金利政策が発表されて以降、住宅ローンの需要が大きく増加していますが、中でも増加したのが「借り換え」ですね。

確かに借り換えであれば申し込むも申し込まないも本人次第ですから、需要が瞬間的に増加することはあり得ます。

逆に言えば「新規借り入れ」の場合はまず不動産を見つけることが先ですから、借り換えに比べれば1歩も2歩も遅れることになります。

景気対策や金融政策の効果という点ではこの新規借り入れがどれだけ増えるかがポイントですね。首都圏の新築マンションの供給数や契約率は下がり続けていますが、一方で戸建てや賃貸住宅の建設は堅調のようです。先日発表されたGDPでも住宅投資は伸びておりました。

要するにまだら、ということですが全体的にはやはり「新規借り入れ」もまた伸びているのでしょうね。賃貸住宅の場合利用するのは「住宅ローン」ではなく「アパートローン」ということかもしれませんが。

もしそうなら、マイナス金利政策がさらに拡大される可能性は十分ありそうです。そうなれば住宅ローン金利も再び低下することになりますので期待したいものです。

一方でそれとは対照的に、やや落ち着いてきたと感じるのが「借り換え」ですね。そもそも2月以降、通常の3倍や5倍と言った規模で申し込みが続いたようですから、それから約半年が経過して「落ち着かない方がおかしい」と言えます。一回借り換えをすれば通常は短くとも数年はそのままとなるでしょうからね。

加えて4月に大手銀行が一部の住宅ローン金利を引き上げるなど、ブレーキをかけるような動きも散見されました。そのように考えると「新規借り入れ」はともかく、「借り換えブーム」が一旦沈静化するのも当然という気がしますが、そうした借り換え現場の状況がよくわかる記事を日経新聞がアップしていますね。

実際に借り換えの相談に行った記者に対して発せられた大手銀行員の以下のような発言が紹介されております。

・「本日はご相談のお客様でいっぱいです。」

・「融資の審査にも1カ月以上かかる場合がございます。」

要するに、まだまだ現場では「住宅ローンブーム」が続いているということですね!

もちろんその中には「新規借り入れ」も含まれているでしょうから、必ずしも住宅ローンブーム=借り換えブームとは言えないのでしょうけれど、それでも原因はどうあれ銀行の窓口は混雑しており、借り換えであろうと新規借り入れであろうと融資の審査に1ヶ月以上かかる場合があるというのはなかなか衝撃的です。

とすると借り換えに当たって「もう少し空くまで待ってみようか」と思うのは当然ですが、しかし待ってくれないのは金利の動きですね。

先日もご案内したように足元の長期金利は少し上昇しており、9月の住宅ローン金利が上昇するのは必至、という状況です。



それでもまだマイナス水準ではあるのですが、もし今月、銀行店頭が混雑しているのだとすれば、金利動向に詳しい顧客が「今月の金利が底」ということで詰めかけているのかもしれませんね。仮に審査に1ヶ月以上かかるのであれば絶対間に合いませんが・・・。

ではこうした住宅ローン融資現場の混雑ぶりを前に、我々が取るべき対策というのはどういうことがあるのでしょうか?

まず1つ目は複数の銀行に申し込んでおく、ということですね。思い通りの日時までに返事が来るかどうかは分かりませんが、複数の銀行に申し込んでおけばその中でも手続きが早い銀行を選ぶことができます。

また、不幸にして本命の住宅ローンの審査結果が否決・減額などだった場合の保険にもなりますね。

2つ目は上記1とも重なりますが、ネット銀行や「ネット申し込み」を積極的に活用する、ということです。場合によっては店頭で申し込んだ方が早い場合もあるようですが、しかし上記記事が紹介しているように「今日いっぱいです。」と断られてしまうと、そのたびに1週間単位で遅れていくことになります。とすると、平日の夜でも簡単に申し込みができる「ネット住宅ローン」の方が結果的に早かった、ということは十分考えられます。

3つ目は来月の金利が上昇しそうな今こそ申し込んでおく、ということですね。繰り返しになりますが、このタイミングから申し込んでも民間住宅ローンの金利は契約時の金利が適用されるために間に合わないのは間違いなさそうですが、しかし今から申し込んでおけば次に金利が下がった時にスムーズに借りることができます。

一説によれば一度審査を通しておけば、銀行は半年くらいは待ってくれるようですので、半年以内に金利が再び下がった時にも混雑に巻き込まれることなくスピーディに借りることができる、というわけですね。

そうしたわけでまとめると、住宅ローン借り換えの審査期間が長期化すればするほど「ネット住宅ローンを含めた複数の銀行に早めに申し込んでおく」ということが重要ということになります。

参考にしてみてください。

>>>住宅ローン借り換え比較クチコミランキング・トップページはこちら

ニュース一覧

・2017/04/28
2017年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/04/18
長期金利は一時0.005%に低下!再びマイナス金利になる?ならない?
・2017/04/04
リフォームするなら、住宅ローンの借り換えも同時に!
・2017/03/31
2017年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/03/21
日銀が5年以内に短期金利を引き上げる確率は3割?金利見通しは
・2017/03/07
来週の米国での利上げの可能性は80%!日本の住宅ローン金利への影響は?
・2017/02/28
2017年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/02/21
借り換え住宅ローンに積極的な銀行が減った?その理由と対策は
・2017/02/07
昨年度は借り換えが減った!?調査から見えた借り換え人気銀行
・2017/01/30
2017年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/01/24
住宅ローン借り換えは前年同月比4割増に『しぼむ』?
・2017/01/10
住宅ローンの借り換えはすぐやるべき?金利低下を待つべき?
・2016/12/29
2017年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/12/27
今年最後の黒田総裁の会見から見えた、当面の借り換え金利動向
・2016/12/13
住宅ローンの借り換えはいつがお得?
・2016/11/29
2016年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/11/29
2017年の住宅ローン借り換え金利見通しは?
・2016/11/15
トランプショックで世界中の金利が上昇中!日本の金利はどうなる?
・2016/11/01
とりあえず住宅ローン金利の上昇は2019年3月までなし!
・2016/10/27
2016年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/10/18
住宅ローン借換の利回りが47%!というのは無いとしても実際はいくら?
・2016/10/04
借換期間短縮の秘密兵器!?人工知能で住宅ローン審査はどう変わる?
・2016/09/28
2016年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/09/20
今日からの日銀会合で住宅ローン金利はどうなる?
・2016/09/06
金利上昇時でもすぐには住宅ローン金利は上昇しないってホント!?
・2016/08/29
2016年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/08/23
住宅ローン借り換え審査は今でも1ヶ月以上!?その対策は?
・2016/08/09
今、長期金利が上昇している理由は?住宅ローン金利への影響は?
・2016/07/28
2016年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/07/26
住宅ローンをいつ、何%で借りた人が借り換えで得をする?簡単把握!
・2016/07/12
住宅ローンの借り換え、誰に相談する?
・2016/06/28
2016年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/06/28
イギリスEU離脱による金利低下は行き過ぎ!?鍵は次回の日銀会合
・2016/06/14
14人に1人が住宅ローン借り換えで損をしている!?その理由と対策
・2016/05/31
0.16%の差でも借り換え?フラット35からフラット35への借換実態
・2016/05/29
2016年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/05/17
マイナス金利政策実施から3ヶ月 今後の借り換え金利はどうなる?
・2016/05/03
マイナス金利の印象は?何割の人が住宅ローン借り換えを検討?
・2016/04/26
2016年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/04/18
被災者向け住宅ローンで借り換えはできる?
・2016/04/04
住宅ローン借り換え「相談料」20万円は高い?安い?
・2016/03/30
2016年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/03/21
固定金利も変動金利も住宅ローンを借り換えないといけない理由
・2016/03/07
変動金利住宅ローンからの借り換えはどうすればよい?
・2016/02/28
2016年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/02/22
借り換え件数は6倍!?マイナス金利時代の住宅ローン借り換え心得
・2016/02/08
マイナス金利導入で借り換え金利はどこまで下がる?
・2016/01/27
2016年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/01/25
市場金利は過去最低水準 今後の住宅ローン借換金利の動向は?
・2016/01/11
住信SBIネット銀行、住宅ローン借り換えキャンペーン実施
・2015/12/29
2016年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/12/28
住宅ローン借り換えで選ばれている金利タイプは?
・2015/12/14
FP=お金の専門家が勧める住宅ローンの借り換え方とは?
・2015/11/30
住宅ローン借り換え金利、上昇するのは2021年?
・2015/11/27
2015年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/11/16
住宅ローンフラット35への借り換えの注意点
・2015/11/02
住宅ローン借り換え金利戦線異状なし・・・
・2015/10/28
2015年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/10/19
借り換え時こそ見直したい、住宅ローン総返済負担率
・2015/10/05
住宅ローン借り換え金利戦線異状あり!?
・2015/09/28
2015年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/09/21
住宅ローン借り換え時に見直すべきものは?
・2015/09/07
がん破産対策としての住宅ローン借り換え
・2015/08/29
2015年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/08/24
変動金利?固定金利?借り換え住宅ローン金利タイプの選び方
・2015/08/10
住宅ローン借り換えの目的 良いもの、悪いもの
・2015/07/29
2015年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/07/27
フラット35が4割増加 借り換えに住宅ローン長期固定金利はお得?
・2015/07/13
5年以内に借りた人・借り替えた人でも住宅ローンの借り換えはトク?
・2015/06/29
住宅ローン借り換えのベストなタイミングとは?
・2015/06/27
2015年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/06/15
住宅ローン借り換えの「本当の」3大ケースとは?
・2015/06/01
離婚と住宅ローンの借り換え
・2015/05/28
2015年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/05/18
転職後すぐに住宅ローンの借り換えはできる?
・2015/05/04
住宅ローンの借り換えで677万円も借り換えメリットが出る?
・2015/04/28
2015年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/04/20
住宅ローンの借り換え ネット銀行がトク?リアル銀行がトク?
・2015/04/06
住宅ローン金利タイプ別の借り換え率はいくら?
・2015/03/27
2015年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/03/23
住宅ローン借換額、大幅減!は追い風?向かい風?
・2015/03/09
今後は住宅ローンの借り換え審査が厳しくなる?
・2015/02/25
2015年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/02/23
メガバンクの住宅ローンはジリ貧状態!?
・2015/02/09
住宅ローン借り換えで変動金利タイプを選んでよい人は?
・2015/01/29
2015年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/01/26
金融庁が住宅ローンビジネスの赤字を懸念!?
・2015/01/12
ついに10年固定0.9%!りそな銀行の住宅ローン借り換え専用金利
・2014/12/26
2015年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/12/15
住宅ローン借り換えに親族ローンはあり?なし?
・2014/12/01
住宅ローン借り換え相談サービスの費用はいくら?
・2014/11/27
2014年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/11/17
アベノミクスが成功しても失敗しても金利上昇?
・2014/11/03
フラット20住宅ローンへの借り換えは魅力的?
・2014/10/29
2014年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/10/20
住宅ローン借り換えコンサルティングサービスは魅力的?
・2014/10/06
住宅ローン借り換え時、住宅ローン減税はどうなる?
・2014/09/29
2014年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/09/22
住宅ローン借り換え以外の返済額削減法
・2014/09/08
住宅ローンの借り換え前にすべきこととは?
・2014/08/27
2014年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/08/25
住宅ローンの借り換え・借り入れ相談の値段とは?
・2014/08/11
住宅ローン借り換えの手数料はいくらかかる?実質タダの場合も!
・2014/07/29
2014年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/07/28
住宅ローン借り換え手続きと所要日数、必要書類。本当に面倒?
・2014/07/14
長期金利は過去最低水準の0.53% 住宅ローンへの影響は?
・2014/06/30
2014年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/06/16
ゆうちょ銀行の住宅ローン参入は当面先

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2017年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース