現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換え関連ニュース:2016/6/28
「イギリスEU離脱による金利低下は行き過ぎ!?鍵は次回の日銀会合」


イギリスでの国民投票が「EU離脱」という結果になったのには大変驚きました。特に投票終了直後の世論調査では「残留派がわずかに優勢」と伝えられていただけに尚更です。

お陰で金曜以降の金融市場は、株式相場も為替相場もひどいことになっています。大幅な円高と大幅な株安が進んでいるわけですね。

ではその中心地であるポンド円の動向はと言うとこのようになっています。



確かにひどい状態ですね!去年の今頃は1ポンド=200円に迫っていたものが今や140円を切っている状態です。ざっくり3割低下したことになります。EU離脱を支持したのは高齢者だそうですが、その高齢者の方々はまずは通貨安に伴う「物価高」という形で現実を知ることになりそうです。

自ら選んだ道ですので誰にも文句を言うことはできませんが。

もちろん、巻き添えを食らったもう半分の残留派=主に若者たちは怒るべきなのでしょうけれど。

一方でイギリスの株式や不動産から製品までなんでも3割引きと思えば絶好の買い場なのかもしれませんね。一部のインターネットショッピングなどは大いに盛り上がっているのかもしれません。

それはさておきこうした金融市場の変動の中で、市場金利の方も影響を受けています。住宅ローン金利と関係の深い長期金利はと言うとこうなっています。



そもそもがマイナス金利政策発表を受けて1月末から大きく低下していたわけですが、足元では−0.1%前後から−0.2%前後に低下しています。この変化はやはり今般のイギリス国民投票の結果を受けて、ということなのでしょうね。

全くの第3者という立場からすれば、イギリスがEUに残留した方が丸く収まってよいような気がしますし、これだけ円高株安が進んでいることを踏まえれば、その混乱のとばっちりをなぜ日本経済が受けなければいけないのか、と感じている方もおられるかもしれませんが、少なくとも住宅ローン顧客からすれば金利が低下しているのは追い風ですね。

おそらく本日中には報道されるのではないかと思いますが、7月の住宅ローン借り換え金利が下がるのは間違いないのではないかと思います。その点については期待したいと思います。

さて気になるのがこうした金利低下の動きがどこまで続くのか、という点です。

円高は物価下落圧力になるわけですから、ただでさえ達成が危ぶまれているインフレ目標が遠のくのは間違いありません。それでなくても今のような急激な円高株安の流れの中で金融当局として「無策」というわけにはいかないのではないかと思います。

とすると早晩、日銀が追加緩和に踏み切ると考えるのは当然ですね。実際、足元の長期金利の低下も、「実需による金利低下が半分、追加緩和への期待が半分」と言った感じなのではないでしょうか?

ただ一方で、本当に日銀が素直に追加緩和を実施するかと言えば実は結構、微妙です。まずはっきり言って、金融市場が督促する形で、金融市場が予測する内容の金融緩和を行ったとしても、特に取引量の多い株価や為替相場への影響は極めて限定的です。

むしろ「効かない」と言ってもいいかもしれません。

常識的に考えれば金融緩和にはどこかで限界がある以上、そうした「無駄打ち」は何としてでも避けたいところですね。

実際、1月のマイナス金利政策も、国内金利は大いに下がったものの、為替相場や株式相場への影響はほぼ全くありませんでした。だとすると同じ失敗はしたくないわけで、次回=7月の日銀会合で予想通り緩和が実施される可能性は「意外と低い」と思われます。

3月、4月、6月と3回連続して追加緩和の実施が見送られてきたこともその認識をサポートするのではないでしょうか?

もしその見方が正しいとすれば、上記のように足元の金利低下要因が「実需による金利低下が半分、追加緩和への期待が半分」だとすると、少なくとも後者の「追加緩和への期待」は失望に変わり、その分だけ金利が上昇する可能性があります。

であるなら今の金利低下は「行き過ぎ」ということですね。

もちろん長期金利が上昇するとしても、−2.0%が−1.5%になるといった極めて限定的なものであり、引き続きマイナス金利ワールドが続くのは間違いないと思いますが。

では予想通り7月の日銀会合での追加緩和がないとして、追加緩和があるとすればどのタイミングなのでしょうか?

相場のトレンドを変えるためにはサプライズが必要なのだとすると、その次の9月・10月というよりは臨時会合をパっと開いて市場が予測していないタイミングで発表するのがいいのでしょうね。

それこそ7月末の会合ではゼロ回答としておいて失望売りを誘ったところで8月のお盆あたりに臨時会合→追加緩和、という手もありそうです。

もしそうなれば金利はさらに低下するのは間違いないと思いますが、果たしてどうなるでしょうか?

いずれにしても繰り返しになりますが、今の金利低下が 「実需が半分、追加緩和への期待が半分」だとすれば、追加緩和への思惑から金利は上下していくことになります。上昇したとしても長期金利で言えば「−1.5%」と言った超低金利が持続するのは間違いないと思われ、一喜一憂する必要は全くありませんが、そうした金利変動の可能性については頭の片隅に入れておいていただければと思います。

参考にしてみてください。

>>>住宅ローン借り換え比較クチコミランキング・トップページはこちら

ニュース一覧

・2017/04/18
長期金利は一時0.005%に低下!再びマイナス金利になる?ならない?
・2017/04/04
リフォームするなら、住宅ローンの借り換えも同時に!
・2017/03/31
2017年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/03/21
日銀が5年以内に短期金利を引き上げる確率は3割?金利見通しは
・2017/03/07
来週の米国での利上げの可能性は80%!日本の住宅ローン金利への影響は?
・2017/02/28
2017年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/02/21
借り換え住宅ローンに積極的な銀行が減った?その理由と対策は
・2017/02/07
昨年度は借り換えが減った!?調査から見えた借り換え人気銀行
・2017/01/30
2017年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/01/24
住宅ローン借り換えは前年同月比4割増に『しぼむ』?
・2017/01/10
住宅ローンの借り換えはすぐやるべき?金利低下を待つべき?
・2016/12/29
2017年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/12/27
今年最後の黒田総裁の会見から見えた、当面の借り換え金利動向
・2016/12/13
住宅ローンの借り換えはいつがお得?
・2016/11/29
2016年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/11/29
2017年の住宅ローン借り換え金利見通しは?
・2016/11/15
トランプショックで世界中の金利が上昇中!日本の金利はどうなる?
・2016/11/01
とりあえず住宅ローン金利の上昇は2019年3月までなし!
・2016/10/27
2016年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/10/18
住宅ローン借換の利回りが47%!というのは無いとしても実際はいくら?
・2016/10/04
借換期間短縮の秘密兵器!?人工知能で住宅ローン審査はどう変わる?
・2016/09/28
2016年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/09/20
今日からの日銀会合で住宅ローン金利はどうなる?
・2016/09/06
金利上昇時でもすぐには住宅ローン金利は上昇しないってホント!?
・2016/08/29
2016年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/08/23
住宅ローン借り換え審査は今でも1ヶ月以上!?その対策は?
・2016/08/09
今、長期金利が上昇している理由は?住宅ローン金利への影響は?
・2016/07/28
2016年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/07/26
住宅ローンをいつ、何%で借りた人が借り換えで得をする?簡単把握!
・2016/07/12
住宅ローンの借り換え、誰に相談する?
・2016/06/28
2016年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/06/28
イギリスEU離脱による金利低下は行き過ぎ!?鍵は次回の日銀会合
・2016/06/14
14人に1人が住宅ローン借り換えで損をしている!?その理由と対策
・2016/05/31
0.16%の差でも借り換え?フラット35からフラット35への借換実態
・2016/05/29
2016年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/05/17
マイナス金利政策実施から3ヶ月 今後の借り換え金利はどうなる?
・2016/05/03
マイナス金利の印象は?何割の人が住宅ローン借り換えを検討?
・2016/04/26
2016年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/04/18
被災者向け住宅ローンで借り換えはできる?
・2016/04/04
住宅ローン借り換え「相談料」20万円は高い?安い?
・2016/03/30
2016年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/03/21
固定金利も変動金利も住宅ローンを借り換えないといけない理由
・2016/03/07
変動金利住宅ローンからの借り換えはどうすればよい?
・2016/02/28
2016年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/02/22
借り換え件数は6倍!?マイナス金利時代の住宅ローン借り換え心得
・2016/02/08
マイナス金利導入で借り換え金利はどこまで下がる?
・2016/01/27
2016年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/01/25
市場金利は過去最低水準 今後の住宅ローン借換金利の動向は?
・2016/01/11
住信SBIネット銀行、住宅ローン借り換えキャンペーン実施
・2015/12/29
2016年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/12/28
住宅ローン借り換えで選ばれている金利タイプは?
・2015/12/14
FP=お金の専門家が勧める住宅ローンの借り換え方とは?
・2015/11/30
住宅ローン借り換え金利、上昇するのは2021年?
・2015/11/27
2015年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/11/16
住宅ローンフラット35への借り換えの注意点
・2015/11/02
住宅ローン借り換え金利戦線異状なし・・・
・2015/10/28
2015年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/10/19
借り換え時こそ見直したい、住宅ローン総返済負担率
・2015/10/05
住宅ローン借り換え金利戦線異状あり!?
・2015/09/28
2015年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/09/21
住宅ローン借り換え時に見直すべきものは?
・2015/09/07
がん破産対策としての住宅ローン借り換え
・2015/08/29
2015年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/08/24
変動金利?固定金利?借り換え住宅ローン金利タイプの選び方
・2015/08/10
住宅ローン借り換えの目的 良いもの、悪いもの
・2015/07/29
2015年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/07/27
フラット35が4割増加 借り換えに住宅ローン長期固定金利はお得?
・2015/07/13
5年以内に借りた人・借り替えた人でも住宅ローンの借り換えはトク?
・2015/06/29
住宅ローン借り換えのベストなタイミングとは?
・2015/06/27
2015年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/06/15
住宅ローン借り換えの「本当の」3大ケースとは?
・2015/06/01
離婚と住宅ローンの借り換え
・2015/05/28
2015年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/05/18
転職後すぐに住宅ローンの借り換えはできる?
・2015/05/04
住宅ローンの借り換えで677万円も借り換えメリットが出る?
・2015/04/28
2015年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/04/20
住宅ローンの借り換え ネット銀行がトク?リアル銀行がトク?
・2015/04/06
住宅ローン金利タイプ別の借り換え率はいくら?
・2015/03/27
2015年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/03/23
住宅ローン借換額、大幅減!は追い風?向かい風?
・2015/03/09
今後は住宅ローンの借り換え審査が厳しくなる?
・2015/02/25
2015年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/02/23
メガバンクの住宅ローンはジリ貧状態!?
・2015/02/09
住宅ローン借り換えで変動金利タイプを選んでよい人は?
・2015/01/29
2015年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/01/26
金融庁が住宅ローンビジネスの赤字を懸念!?
・2015/01/12
ついに10年固定0.9%!りそな銀行の住宅ローン借り換え専用金利
・2014/12/26
2015年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/12/15
住宅ローン借り換えに親族ローンはあり?なし?
・2014/12/01
住宅ローン借り換え相談サービスの費用はいくら?
・2014/11/27
2014年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/11/17
アベノミクスが成功しても失敗しても金利上昇?
・2014/11/03
フラット20住宅ローンへの借り換えは魅力的?
・2014/10/29
2014年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/10/20
住宅ローン借り換えコンサルティングサービスは魅力的?
・2014/10/06
住宅ローン借り換え時、住宅ローン減税はどうなる?
・2014/09/29
2014年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/09/22
住宅ローン借り換え以外の返済額削減法
・2014/09/08
住宅ローンの借り換え前にすべきこととは?
・2014/08/27
2014年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/08/25
住宅ローンの借り換え・借り入れ相談の値段とは?
・2014/08/11
住宅ローン借り換えの手数料はいくらかかる?実質タダの場合も!
・2014/07/29
2014年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/07/28
住宅ローン借り換え手続きと所要日数、必要書類。本当に面倒?
・2014/07/14
長期金利は過去最低水準の0.53% 住宅ローンへの影響は?
・2014/06/30
2014年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/06/16
ゆうちょ銀行の住宅ローン参入は当面先

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2017年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース