現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換え関連ニュース:2015/12/14
「FP=お金の専門家が勧める住宅ローンの借り換え方とは?」

さて住宅ローンの借り方に関するニュースで、お金の専門家であるFPが以下のようなアドバイスをしていました。

・教育資金計画や老後資金計画を組み込んで、2つの住宅ローンを組み合わせる裏ワザも必要

・例えば、教育資金で余裕がない時は、住宅ローンの返済を少なくして、卒業後は、貯蓄に余裕があるので、住宅ローン返済と老後資金運用に回す、など

当方も含め一般人であれば住宅ローン全額を一本で借りてしまうところ、2つの住宅ローンを組み合わせたり、返済計画を時期によって増やしたり減らしたりするというのは傾聴に値します。

ただ一方でどのようなローンを組み合わせれば、特に教育資金で余裕がない時に住宅ローンの返済を少なくできるのでしょうか?

イメージとしては30代で住宅ローンを借りるとして「40代の時の住宅ローン返済を猶予してくれる住宅ローン」などがあればいいわけですが、残念ながらそんな都合のいい住宅ローンはありません。むしろアメリカで問題になったサブプライムローンのように、最初の返済を猶予してくれる住宅ローンというのは相対的に破綻を招きやすく、金融機関のみならず利用者にとってもリスクの高いローンと言えます。

日本でも同じような仕組みである「ゆとりローン」が問題になりました。これは商品性だけでなく、バブル崩壊という経済状況の激変により、「リストラの広がり」×「年功序列の終焉」×「土地価格の急激な値下がり」といった三重苦・四重苦とも言える背景があったわけですが。

いずれにしても確かにアドバイスとしてはごもっともではあるのですが、具体的な借入方法については今一つピンと来ません。そこでその趣旨をくみ取り、特に借り換え時にどのような方法で住宅ローンを組めば、余裕がない時に返済負担を軽くできるか考えてみたいと思います。

ポイントとしては一般的には住宅ローンを組んでから5年後や10年後に教育費の負担が重くなってくるわけで、「当初の負担をなるべく低く抑えられる住宅ローンを組む」ことが基本となります。

つまり

・借入期間はなるべく長く

・借入金利はなるべく低く

ということですね。何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、実は前者の「借入期間はなるべく長く」というのは借り換え時にはそれほど簡単ではありません。と言うのも借り換えの場合、そのほとんどのケースで、もともと借りていた住宅ローンの残存期間が借入期間となるからです。

たとえばもともと35年ローンで、借入から10年経過して借り換える場合、「最長25年」といった形になるということです。

ただし一部の銀行では借り換え時に借入期間を延ばせますので調べてみてください。当方の知る限り新生銀行ではそうした借り方が可能です。住信SBIネット銀行でもそのような案内がされていたような気がしますが今はどうでしょうか。

次の「借入金利はなるべく低く」というのはそのままですね。0.1%でも低い金利が大切です。とすると変動金利タイプや当初固定金利タイプでもより短いもの、あるいはキャンペーン的に金利を引き下げてくれているものが視野に入ってきます。

こうした金利タイプについては金利上昇リスクが懸念されるわけですが、とは言いつつすぐに大幅な金利上昇がないとすれば「当初の負担をなるべく低く抑える」という目的に合致してきます。

仮に後半で金利が上昇したとしてもその頃には教育費負担が軽減・終息しているのであれば問題ありませんしね。

そのように考えれば「お金の専門家」が勧める住宅ローンの借り換え方が大体見えてくるわけですが、しかし考えないといけない点はもう1つあります。

つまり教育費負担が終息すれば、今度は「任意のタイミングで返済を加速できる」 ことが大切になってくるということですね。さもないと、住宅ローンがダラダラと70代や80歳まで続き、その分、余計な住宅ローン金利を払わないといけなくなります。

それを避けるために具体的に必要になってくるのは

・繰上返済をいつでもネットから1円単位で無料でできる

という繰上返済にまつわる利便性ですね。逆に言えば繰上返済につき、まだまだ「いつでもできない」「ネットでできない」「1円単位でできない」「無料でできない」住宅ローンが多いということです。

仮にそのような利便性があれば教育費負担が終わったあとで、毎月の住宅ローン返済に1万円上積みする、2万円上積みする、といったことが容易にできます。

ではそうした利便性を持った銀行はどこかと言えば、やはり新生銀行住信SBIネット銀行が頭に浮かびます。両行が人気があるのも当然と言えるのかもしれません。

そうしたわけでまとめると、専門家がお勧めする借り方の趣旨をくみ取れば、以下のような借り換え住宅ローンが魅力的だということですね。

・借り換え時に返済期間を延ばせる

・変動金利や当初固定金利が低い

・繰上返済をいつでもネットから1円単位で無料でできる

参考にしてみてください。


 >>>住宅ローン借り換え比較クチコミランキング・トップページはこちら

ニュース一覧

・2017/10/17
2020年に金利が3%以上も上昇するって本当?住宅ローン借換金利は?
・2017/10/03
期間20年・30年の借り換え 民間住宅ローンとフラット35、どっちが得?
・2017/09/29
2017年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/09/19
借り換え後の住宅ローン金利タイプ、この5年でどう変化した?
・2017/09/05
長期金利は久しぶりのマイナス水準!住宅ローンの「借り換え時」はいつ?
・2017/08/31
2017年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/08/22
住宅ローン借換後の金利タイプ、借入残高による違いはある?
・2017/08/08
住宅ローンの借り換えで毎月の返済額はどれだけ減る?その使い道は?
・2017/07/31
2017年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/07/25
住宅ローンの借り換えで、借入金利はどれくらい下がる?
・2017/07/11
住宅ローン借り換え後の金利タイプ、年収や年齢によって違いがある?
・2017/06/30
2017年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/06/27
住宅ローンの借り換えと繰り上げ返済、どっちが得?
・2017/06/13
住宅ローンを借りてから、どれくらいの期間で借り換えられているの?
・2017/05/31
2017年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/05/30
住宅ローンの借り換え、どんな金融機関が選ばれている?
・2017/05/16
固定金利、変動金利利用者は借換後、どんな金利タイプを選んでいる?
・2017/05/02
波乱!?今月、10年固定金利が上昇した理由とは?
・2017/04/28
2017年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/04/18
長期金利は一時0.005%に低下!再びマイナス金利になる?ならない?
・2017/04/04
リフォームするなら、住宅ローンの借り換えも同時に!
・2017/03/31
2017年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/03/21
日銀が5年以内に短期金利を引き上げる確率は3割?金利見通しは
・2017/03/07
来週の米国での利上げの可能性は80%!日本の住宅ローン金利への影響は?
・2017/02/28
2017年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/02/21
借り換え住宅ローンに積極的な銀行が減った?その理由と対策は
・2017/02/07
昨年度は借り換えが減った!?調査から見えた借り換え人気銀行
・2017/01/30
2017年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2017/01/24
住宅ローン借り換えは前年同月比4割増に『しぼむ』?
・2017/01/10
住宅ローンの借り換えはすぐやるべき?金利低下を待つべき?
・2016/12/29
2017年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/12/27
今年最後の黒田総裁の会見から見えた、当面の借り換え金利動向
・2016/12/13
住宅ローンの借り換えはいつがお得?
・2016/11/29
2016年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/11/29
2017年の住宅ローン借り換え金利見通しは?
・2016/11/15
トランプショックで世界中の金利が上昇中!日本の金利はどうなる?
・2016/11/01
とりあえず住宅ローン金利の上昇は2019年3月までなし!
・2016/10/27
2016年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/10/18
住宅ローン借換の利回りが47%!というのは無いとしても実際はいくら?
・2016/10/04
借換期間短縮の秘密兵器!?人工知能で住宅ローン審査はどう変わる?
・2016/09/28
2016年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/09/20
今日からの日銀会合で住宅ローン金利はどうなる?
・2016/09/06
金利上昇時でもすぐには住宅ローン金利は上昇しないってホント!?
・2016/08/29
2016年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/08/23
住宅ローン借り換え審査は今でも1ヶ月以上!?その対策は?
・2016/08/09
今、長期金利が上昇している理由は?住宅ローン金利への影響は?
・2016/07/28
2016年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/07/26
住宅ローンをいつ、何%で借りた人が借り換えで得をする?簡単把握!
・2016/07/12
住宅ローンの借り換え、誰に相談する?
・2016/06/28
2016年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/06/28
イギリスEU離脱による金利低下は行き過ぎ!?鍵は次回の日銀会合
・2016/06/14
14人に1人が住宅ローン借り換えで損をしている!?その理由と対策
・2016/05/31
0.16%の差でも借り換え?フラット35からフラット35への借換実態
・2016/05/29
2016年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/05/17
マイナス金利政策実施から3ヶ月 今後の借り換え金利はどうなる?
・2016/05/03
マイナス金利の印象は?何割の人が住宅ローン借り換えを検討?
・2016/04/26
2016年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/04/18
被災者向け住宅ローンで借り換えはできる?
・2016/04/04
住宅ローン借り換え「相談料」20万円は高い?安い?
・2016/03/30
2016年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/03/21
固定金利も変動金利も住宅ローンを借り換えないといけない理由
・2016/03/07
変動金利住宅ローンからの借り換えはどうすればよい?
・2016/02/28
2016年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/02/22
借り換え件数は6倍!?マイナス金利時代の住宅ローン借り換え心得
・2016/02/08
マイナス金利導入で借り換え金利はどこまで下がる?
・2016/01/27
2016年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2016/01/25
市場金利は過去最低水準 今後の住宅ローン借換金利の動向は?
・2016/01/11
住信SBIネット銀行、住宅ローン借り換えキャンペーン実施
・2015/12/29
2016年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/12/28
住宅ローン借り換えで選ばれている金利タイプは?
・2015/12/14
FP=お金の専門家が勧める住宅ローンの借り換え方とは?
・2015/11/30
住宅ローン借り換え金利、上昇するのは2021年?
・2015/11/27
2015年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/11/16
住宅ローンフラット35への借り換えの注意点
・2015/11/02
住宅ローン借り換え金利戦線異状なし・・・
・2015/10/28
2015年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/10/19
借り換え時こそ見直したい、住宅ローン総返済負担率
・2015/10/05
住宅ローン借り換え金利戦線異状あり!?
・2015/09/28
2015年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/09/21
住宅ローン借り換え時に見直すべきものは?
・2015/09/07
がん破産対策としての住宅ローン借り換え
・2015/08/29
2015年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/08/24
変動金利?固定金利?借り換え住宅ローン金利タイプの選び方
・2015/08/10
住宅ローン借り換えの目的 良いもの、悪いもの
・2015/07/29
2015年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/07/27
フラット35が4割増加 借り換えに住宅ローン長期固定金利はお得?
・2015/07/13
5年以内に借りた人・借り替えた人でも住宅ローンの借り換えはトク?
・2015/06/29
住宅ローン借り換えのベストなタイミングとは?
・2015/06/27
2015年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/06/15
住宅ローン借り換えの「本当の」3大ケースとは?
・2015/06/01
離婚と住宅ローンの借り換え
・2015/05/28
2015年6月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/05/18
転職後すぐに住宅ローンの借り換えはできる?
・2015/05/04
住宅ローンの借り換えで677万円も借り換えメリットが出る?
・2015/04/28
2015年5月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/04/20
住宅ローンの借り換え ネット銀行がトク?リアル銀行がトク?
・2015/04/06
住宅ローン金利タイプ別の借り換え率はいくら?
・2015/03/27
2015年4月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/03/23
住宅ローン借換額、大幅減!は追い風?向かい風?
・2015/03/09
今後は住宅ローンの借り換え審査が厳しくなる?
・2015/02/25
2015年3月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/02/23
メガバンクの住宅ローンはジリ貧状態!?
・2015/02/09
住宅ローン借り換えで変動金利タイプを選んでよい人は?
・2015/01/29
2015年2月の住宅ローン借り換え金利動向
・2015/01/26
金融庁が住宅ローンビジネスの赤字を懸念!?
・2015/01/12
ついに10年固定0.9%!りそな銀行の住宅ローン借り換え専用金利
・2014/12/26
2015年1月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/12/15
住宅ローン借り換えに親族ローンはあり?なし?
・2014/12/01
住宅ローン借り換え相談サービスの費用はいくら?
・2014/11/27
2014年12月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/11/17
アベノミクスが成功しても失敗しても金利上昇?
・2014/11/03
フラット20住宅ローンへの借り換えは魅力的?
・2014/10/29
2014年11月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/10/20
住宅ローン借り換えコンサルティングサービスは魅力的?
・2014/10/06
住宅ローン借り換え時、住宅ローン減税はどうなる?
・2014/09/29
2014年10月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/09/22
住宅ローン借り換え以外の返済額削減法
・2014/09/08
住宅ローンの借り換え前にすべきこととは?
・2014/08/27
2014年9月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/08/25
住宅ローンの借り換え・借り入れ相談の値段とは?
・2014/08/11
住宅ローン借り換えの手数料はいくらかかる?実質タダの場合も!
・2014/07/29
2014年8月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/07/28
住宅ローン借り換え手続きと所要日数、必要書類。本当に面倒?
・2014/07/14
長期金利は過去最低水準の0.53% 住宅ローンへの影響は?
・2014/06/30
2014年7月の住宅ローン借り換え金利動向
・2014/06/16
ゆうちょ銀行の住宅ローン参入は当面先

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2017年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース