現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較クチコミランキング

住宅ローン借り換えで人気の銀行、不人気の銀行は?

さて今シリーズ最後のコラムは、借り換え先として人気の銀行・不人気の銀行はどこか、という点です。

下記コラムでもご案内しましたが、借り換え後の金利は変動金利タイプが圧倒的となっています。

>>> 「住宅ローン借り換え後の金利タイプは何を選ぶ?」

住宅金融支援機構が実施した、借り換え利用者へのアンケート調査ではこのようになっている、ということですね。

・変動金利タイプ : 45.6%
・10年固定タイプ : 21.7%
・全期間固定タイプ : 17.1%
・5年固定タイプ : 7.2%
・3年固定タイプ : 5.0%
・その他 : 3.6%

と言うことは変動金利タイプに強い銀行が、借り換えで人気の銀行ということになりそうですが、となると思いつくのはやはりメガバンクや新規参入銀行、ネット専業銀行ですね。

逆に不人気の銀行はと言うと、固定金利が中心の、地方金融機関やフラット35、ということになるのではないかと思います。

上記でも引用させていただいた住宅金融支援機構が実施した借り換え利用者へのアンケート調査によると、借り換え後の金融機関はこのようになっています。

1位 : 都市銀行、信託銀行、ネット銀行 41.5%
2位 : 地方銀行 34.0%
3位 : 信用金庫、信用組合、労働金庫、JA 23.5%
4位 : 住宅金融支援機構 1.0%

いかがでしょう?正直もっと1位である「都市銀行、信託銀行、ネット銀行」に集中しているかと思いましたが、意外に分散していますね。それでも4割を超えるシェアとはなっていますが。

ただし、いくら借り換え後のシェアが高くても、もともと借り換え前のシェアも高いのであれば別の結論となってしまいますので、借り換え前のシェアと借り換え後のシェアを比較するとこういうことになります。

・都市銀行、信託銀行、ネット銀行 : 32.3% → 41.5% = +9.2%
・地方銀行 : 22.4% → 34.0% = +11.6% 
・信用金庫、信用組合、労働金庫、JA : 20.1% → 23.5% = +3.4%
・住宅金融支援機構 : 25.2% → 1.0% = −24.2%

まず全体像からすれば、住宅金融支援機構の「一人負け」ということですね。借り換え後でシェアを減らしているのは住宅金融支援機構のみとなります。そもそも住宅金融支援機構は直接的な貸し出しは停止していますので1.0%のシェアを残していることがそもそもおかしいと言えなくもありませんが、これはフラット35への借り換えのシェア、ということになるのですかね?

いずれにしても住宅金融支援機構のシェアの減少を民間の金融機関が分け合っている形となっているわけですが、順当なのは借り換えシェア1位の「都市銀行、信託銀行、ネット銀行」グループですね。借り換え後にシェアを9.2%伸ばしています。

一方、借り換えに関して意外に健闘しているといえるのが地方銀行ですね。こちらはシェアを借り換え後に11.6%伸ばしていることになります。

全体的に見れば住宅ローンの金利は、「都市銀行、信託銀行、ネット銀行」グループより地方銀行の方が高い傾向にあるのではないかと思いますが、近くに店舗があるという利便性が地方銀行の住宅ローンの魅力を高めているのかもしれませんね。

そもそも地域によっては地方銀行の住宅ローンしか選択肢がない、というケースがあるのかもしれませんが・・・。

いずれにしても住宅ローンを借り換える際は、上記の通り、このような優先順位で金融機関を探すとよさそうです。

1位 : 都市銀行、信託銀行、ネット銀行
2位 : 地方銀行
3位 : 信用金庫、信用組合、労働金庫、JA
4位 : 住宅金融支援機構

もちろん、みんながいいと思うものが必ずいいとは限りませんし、あくまでこれは回答者979名のアンケート調査の結果ですので、全体と多少乖離している可能性はあります。

また、 地方銀行と一まとめにしても、北海道から沖縄まで、金融機関の住宅ローンに対する姿勢はかなりバラつきがあるものと思います。つまりはケースバイケースだと思うのですが、とは言いつつ一般的な優先順位としては納得感がありますね。

特に地方にお住まいの方は「全国展開している銀行」と「地方銀行」の両面から、銀行探しをした方がよさそうですね。

参考になさってください。

なお最近では多くの銀行で借り換えシミュレーションを無料で提供してくれておりますので、そうしたものを利用して、実際の借り換えメリットはいくらくらいで、金利差がいくらあればメリットが出てくるのかまずは試算してみてはいかがでしょうか?

>>>新生銀行の借り換えシミュレーションはこちらから

>>>住信SBIネット銀行の借り換えシミュレーションはこちらから


<住宅ローン借り換え講座2017年改訂版>


 ■「住宅ローンを借り換えすべき条件とは?」
 ■「住宅ローンの借り換えにかかる費用はいくら?」
 ■「住宅ローン借り換えしようと思うその前に」
 ■「住宅ローン借り換え後の金利タイプは何を選ぶ?」
 ■「住宅ローン借り換え時の審査の注意点」
 ■「借り換えしがちな金利タイプとは?」
 ■「借りてから何年くらいで借り換えするの?」
 ■「みんなの住宅ローンを借り換える理由は?」
 ■「住宅ローン借り換えでどれだけ金利が減る?」
 ■「住宅ローン借り換えで人気の銀行、不人気の銀行は?」

 >>>住宅ローン借り換え比較クチコミランキング・トップページはこちら

住宅ローンの借り換えを検討されている方はご活用いただければ幸いです。

目次

トップページ
借り換え住宅ローン金利と口コミ
住宅ローン借り換えのつぼ
住宅ローン借り換え講座2017年改訂版
住宅ローン借り換え講座
住宅ローン借り換えの基本
住宅ローン借り換え関連ニュース